沖縄の暖かい気候を楽しめる時期

本土が寒い場合であっても温暖な気候です

本土と沖縄県の気候はやや異なっており、初春であっても日中は半袖で過ごせるレベルの気温ですので、沖縄旅行をする際は訪れる季節に合った服装と肌着の準備をしておく事をおすすめします。
本土(東京)と沖縄を比較した際の、11月~3月にかけての平均気温の差は、本土の方が10度前後下がっている点や、暖房をほとんど使わなくても良い点が特徴です。特に、10月・11月・3月・4月は台風が少なくて温暖な過ごしやすい季節になっているので、暑さや寒さを気にする事なく穏やかな時間を過ごす事が出来ます。これらの時期の一部のホテルでは、プールで遊べる環境を提供しており、本土の人にとっては季節外れのバカンスを楽しめるでしょう。

温暖気候時における沖縄観光と過ごし方

ホテルでゆったりと過ごす以外の観光は、春先に温暖な気温が見込まれる場合は海開きをしている事もあるので、体を動かす事が好きな方は、ビーチリゾートで海水浴・マリンスポーツをして楽しむ事も出来ます。海で遊ぶ際は、春であってもたまに夏日が予想される事から、暑さと日焼け対策は必須と言えます。2月と3月の沖縄の雨量は、1年の中で最も少ない傾向にありますので、その際におすすめしたいのが沖縄各地を楽しめるドライブ旅行です。高速道路・バイパス道路を快適且つ長時間走る事は混雑を避けられる点でおすすめですが、ゆっくり走れば沖縄独特の建造物と亜熱帯の植物を眺められる事や、心地良い風を受けながら走れるメリットがあります。

西表島のツアーには自然を満喫できる様々なプランが用意されています。海や木々、夜空などを眺めながら旅行気分を味わってみませんか?